自分の足にピッタリ合う靴をその場で作れちゃう「ショップインスタントシュー」

instantshoe_1

 

靴の問題は、特に女性の方が悩まされる機会が多いと思います。

サイズが合わなかったり、特定部位に負担をかけてしまったことで

外反母趾になってしまう人も少なくありません。

 

そもそも靴は、標準的な足のサイズに合わせて作られていて

少しでも足が大きかったり、小さかったりすると欲しい靴が

なかなか見つからないのが現状です。

 

そんな課題を解決するプロジェクトを見つけたので紹介。

 

ShopInstantShoe Project

ヨーロッパにある「ShopInstantShoe」協会(7つの会社から構成)は、履く人の足のサイズに合わせた靴をすぐに作れるショップインスタントシューShopInstantShoe)」システムを開発しました。

 

靴屋に来店したお客さんは、最初に足のサイズを測ります。あとは、好きな靴を選ぶだけでサイズがピッタリな靴が用意されます。

 

instantshoe_2

これを靴屋さんに設置して、お客さんの足にピッタリ合う靴をその場で作る!

続きはコチラからmore-link

体温でiPhoneを充電!熱を電気に変える魔法の布「パワーフェルト(Power Felt)」

近い未来、

あなたの上着が携帯電話を充電してくれるかもしれません。

 

といっても、太陽光を使ったソーラーパネル付きパンツだったり、

音を拾って充電するシャツではありません。

 

20120226_powerfelt_4

 

今回紹介する製品は、

自分のカラダだけを使って充電することができます。

 

「パワーフェルト(Power Felt)」で体温発電

ウェイクフォレスト大学」の研究チームは、

温度の差を電気の力に変える素材「パワーフェルトPower Felt)」を開発しました。

 

体温を使った発電も可能で、

たとえば、素材をジャケットの裏地に仕込んで、寒い屋外に出るだけで発電することができます。

 

20120226_powerfelt_1

パワーフェルトを開発したCorey Hewittさん

続きはコチラからmore-link

タッチできる!360度全方向から覗ける3Dディスプレイ「Vermeer(フェルメール)」

3Dテレビは予想どおり今ひとつの売れ行きでした。

 

メガネの身体的負担が大きかったり、

裸眼での解像感(視点数)の低下といった

技術力の不足が原因のように感じます。

 

でも、いつか3Dに辿り着くんだろうと思います。

 

そのときは、

ファミリーユースのテレビではなく

パーソナルユースのタブレットやスマートフォンから

広まってくるんじゃないかと予想しています。

 

今回は将来登場するであろう3Dディスプレイの

ひとつのカタチを紹介。

 

全方位裸眼3Dタッチディスプレイ「Vermeer(フェルメール)」

Microsoft Research(マイクロソフトリサーチ)」は、360度全方向から映像が見られる3Dタッチディスプレイ「Vermeer(フェルメール)」を発表しました(UIST 2011)。

 

20120109_vermeer_1

3Dで表示された地球を指で弾くとコロコロ回転する!

続きはコチラからmore-link