加工技術で資源を開発! ~日本復興の鍵~

資源は有限だからいつか枯渇するのは目に見えている。だけど、人類は目先の欲に走り、挙句の果てに奪い合い、国家間での戦争が起こる。それなら、みんなが欲しがっている資源の代わりになるモノを生み出せばいい。今日は、昔の日本の冶金技術が注目を集めているという記事を紹介してみます。

戦争初期に零戦の主翼に採用されて名をはせた軽量合金「超々ジュラルミン」。戦況が悪化すると原料の高純度アルミニウムの入手が困難になり、不純物が混ざったアルミでも強度を保てるように改良が進んだ。当時の技術資料を読んだ専門家は「低品位の原料から高品質の製品を作ろうという発想は現代にも通じ、学ぶべきところが多い」と話す。

引用元:日経産業新聞 2008/8/19

資源不足により、代替品を開発出来なければ戦争に負けて死んでしまうという極限状態の中で、現在でも注目されるほど素晴らしい技術を幾つも開発していたようです。加工技術といえば、世界に誇れる日本のお家芸であり、どんどん新しい代替品を開発することで本当に地球を救えるんじゃないかと感じさせられました。

がん患者の匂いを消滅させるプロジェクト始動!

箱根と駿河湾を眺望する丘に立つ静岡県立静岡がんセンター。ここで秋にも、「がん患者から出るにおい」の抑制を目指す新プロジェクトが立ち上がる。

引用元:日経産業新聞 2008/8/19

最初、この文章を読んだとき意味がまったく分かりませんでした。問題になるほどの匂いが患者から出ることも、そしてその原因が何なのかも知りませんでした。

続きはコチラからmore-link

「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる」(梅田望夫,ちくま新書)

Googleがネット世界とリアル世界へ及ぼす影響について書いてあり、共感する部分がとても多かった(多少、表現が大げさなところもあるけど…)。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 9272

続きはコチラからmore-link