20130514_captury_01

 

最近の映画では、普通に使われるようになった技術で、

カラダのあちこちにマーカーをつけた俳優さんが動きまわると、

CGのキャラクターと合成してくれる「モーションキャプチャシステム」があります。

 

20130514_captury_02

一番右のマーカーを付けたヒトの動作をもとに、CGに置き換えていく様子

 

実はこれ、非常にお金が掛かります。

赤外線をキャッチする特殊なカメラだけでウン百万円します。

これを部屋のあちこちに配置するので、、、。

 

俳優さんも全身に赤外線を反射する小さい球体を付ける必要があり

歩く動作をするだけでも気を使う必要がありました。

 

ということで、一般家庭はおろか、ドラマでも使うのは難しい技術でした。

が、今回は、なんとこれを数十万以下で実現できる技術を紹介します。

続きはコチラからmore-link