携帯電話の電波をつかって発電!空気中の電磁波から電気を取り出すエネルギーハーベストデバイス「P3110」

20110728_ted_1

 

電磁波をつかって発電するワイヤレス給電が流行り始めた今日この頃(?)ですが、時代は既に、”空気中を飛び交う電波すべてをエネルギーに変えよう”と模索しているようです。

 

実際にアメリカでは、さまざまな周波数の電磁波を受信して、発電できる半導体の普及が進んでいて、”家のなかの煙を検知するセンサーの電源”に使われていたりします。

 

携帯電話の電波で発電する半導体「P3110」

東京エレクトロンデバイス(TED)」は、米「パワーキャスト(Powercast)」と共同で、”携帯電話の電波のエネルギーを電気に変える”特殊な発電デバイス「P3110」を開発しました。

 

タブレット端末に搭載すると、データの保存やメールの送受信といった作業であれば、”主電源が切れても続けられる”そうです。

 

20110728_ted_2

部屋や屋外の電波”を自動的に受信して発電できる半導体チップ

続きはコチラからmore-link

坂道を判断して最適なギアへチェンジ!自動で変速する車輪「インテリホイール(IntelliWheels)」

20110727_wheels_1

 

腕のチカラだけで移動する車イスは、相当な体力が必要だと思います。

今回は、自転車では当たり前のギアチェンジを搭載した車イスの紹介。

 

インテリホイール(IntelliWheels)

イリノイ大学出身のエンジニア「Scott Daigle」さんは、自動的にギアチェンジする車椅子用の車輪「インテリホイール(IntelliWheels Automatic Gear-Shift)」を開発しました。

 

車輪を押す強さや路面をもとに、”最適なギアへチェンジして変速”するため

乗っている人がギアを変えたり、最適なギアを考えたりする必要はありません。

 

2012年9月ごろにはプロトタイプができて、問題がなければすぐに販売できるそうです。

 

20110727_wheels_2

ホイールを交換するだけで”既存の車イスがそのまま使える

続きはコチラからmore-link

【celluon】マウス操作もできる!超コンパクト&激スタイリッシュなレーザー投影式バーチャルキーボード「Magic Cube」

20110721_celluon_keyboard_1

 

SHOWWX+」に続いて、

いま個人的に非常に欲しいバーチャルキーボードを勢いで紹介。

 

セルオン社「マジックキューブ」

セルオン(celluon)」は、スマートフォンやタブレットPCで使用できるレーザー投影式キーボード「マジックキューブ(Magic Cube)」を発売しました。

 

20110721_celluon_keyboard_2

手のひらサイズでフルサイズキーボードを表示できる!

続きはコチラからmore-link