心拍数がゼロでも大丈夫!ポンプ不要の「タービン型人工心臓」

Y-ray showing turbine-like blood pumps replacing explanted heart

 

生死の判断で利用される「心拍数」ですが、実際には心臓が動かなくても生きられるそうです。

 

ポンプを使わない「人工心臓タービン」

「テキサス心臓研究所(Texas Heart Institute)」は、心臓にタービンを埋めこんで血液を循環させる「心室補助装置」を開発しました。

 

20110615_turbine_2

ペアで使用するタービンタイプの人工心臓

 

特長:心拍数が消える?

従来のポンプ式の人工心臓とくらべ、振動が減ったため損耗が減り、稼働率が向上しました。

 

そして最大の特長は、心臓の鼓動が聞こえなくなることです。

 

鼓動がないと聞くとゾッとしますが、実はそれほど重要ではありません。

 

鼓動がなくて大丈夫?

心臓は、「収縮と膨張」をくりかえすことで心臓自身に必要なエネルギーを取りこみます

 

一方、心臓以外の臓器では血流の拍動は必要ありません

 

つまり、心臓を取り替える場合には、鼓動という運動は不要になります。

 

治験:延命成功!

実際に、この人工心臓をつけた人は、1ヶ月以上生存し、その後持病により亡くなったそうです。担当した医師の話では、人工心臓自体は問題なく機能していたそうです。

 

20110615_turbine_3

余命12時間だったクレイグ・ルイス(Craig Lewis)氏は1ヶ月延命した

 

課題:なじみ深い心音

今後の課題は、心臓のリズム音が消えることへの不安を人々から取り除くことだそうです。

 

Creepy: heart turbine keeps you alive without a pulse

引用元:DVICE

 

凄い技術だけど、手首で脈拍とったり、腕で血圧はかってゼロだったりすると不安になるよね。心拍数は熱が出たときとか体調を知るための指標だから、やっぱり残しておきたいかな。

1秒でコンセントの通電確認!延長コードの断線にも使える非接触の電圧検電器「VoltAlert」

 

一見頼りないプラスチックのペンだけど、実は電気を見つけたら教えてくれる凄いヤツ。

 

Fluke VoltAlert(フルーク ボルトアラート)

計測機器メーカー「FLUKE」は、非接触で電圧を検知できる低圧検電器「VoltAlert」を販売しています。

 

使い方

20110602_fluke_4

 

ペンの先端を通電しているか確認したい場所に当てます。もし電気が流れていれば、ペンが電圧を検知して赤く点灯します。

 

用途

20110602_fluke_2

  • ブレーカーは上げたけどコンセントまで電気がきているか確認したいとき(写真左上)
  • ケーブルや延長コードが途中で断線していないか確認したり(右上、左下)
  • 普通なら確認がむずかしいスイッチの裏まで通電しているか一目で分かる(右下)

続きはコチラからmore-link

ギターの指紋?あらゆる楽器の振動部分を画像化できる「ホログラフィック干渉技術」

20110601_guitar_1

 

楽器は同じ種類でも微妙に異なる音が出ます。楽器の良し悪しについて比較するときは、いままで耳に頼っていましたが、次からは目でも確認することができそうです。

 

Holographic Interferometry

カーディフ大学」は、楽器の音がどこからどのように鳴っているか分かる技術「Holographic Interferometryホログラフィック干渉)」を開発しました。

 

このレーザーを使った方法によって、マイクロメートル単位の精度で振動を可視化した音響マップ画像を生成することができます。

 

ギターを可視化してみると?

一般的には、楽器を振動させると、空気中を伝わって音として聞こえてきます。この楽器の振動というのは、実はさまざまな部分の振動が複雑に組み合わさって起きています。

 

ギターを例に挙げると、弦の振動であったり、ボディ自体の共鳴振動だったりします。

 

20110601_guitar_2

ギターで音を出したときの本体の様子:左から低音、中音、高音

続きはコチラからmore-link