Google製Android電球が登場!世界を驚かすエコなLED照明まとめ

20110525_led_1

 

最近、一般の家庭で安価な白熱電球から、高価なLED電球への買い替えが急速に進んでいます。その理由は、「長寿命」と「安い電気代(低消費電力)」にあると思います。つまり、値段は高いけれど、長い目で見れば「お得」で環境に優しい「エコ」だからでしょう。

 

白熱電球からLED電球になって大きく変わった点は、低い消費電力すなわち「エネルギー効率」にあります。一般的な白熱電球は、エネルギーの約98%を熱として失ってしまうのに対して、LED電球はわずか20%だけを失い、残りの80%を光に変換することができます。

 

LED電球の登場により、環境への負荷が大きく軽減されて進化した電球ですが、今回は、さらにもう一歩進んだ未来の電球について紹介してみたいと思います。

 

世界を驚かす環境に優しいLED電球(8個)

1. リモートコントロール&照射方向選択

付属のリモコンをつかって遠隔制御できる「ecobulb」は、照明を照らす方向を自由に選択できます。不要な方向へ照射しないことで、ムダな電気を消費しないことに成功しています。

 

20110525_led_2

電球が分割されていて、同じ形をしたリモコンが付いてくる

 

20110525_led_3

照らしたい方向のLEDだけを点灯できるので、とっても省エネ!

続きはコチラからmore-link

耳が小さい人でも大丈夫!聴き疲れしない画期的な風船イヤホン「EAR BUD」

20110524_ballon_1

 

耳がちいさくて普通のイヤホンが入らない人、低音の音楽を聞きたいけど音漏れが気になる人、そんな人たちの悩みを一気に解決してくれる素晴らしいイヤホン(earphone)の紹介。

 

バルーンイヤホン「EAR  BUD」

オーディオ機器を開発している「Asius Technologies」は、音を伝達する風船を耳のなかで膨らませて音漏れを防ぐ画期的なイヤホン「EAR BUD」を発表しました。

 

20110524_ballon_2

続きはコチラからmore-link

カラダの中が透けて見える!骨や筋肉の様子を肌に投影する「AnatOnMe(私を解剖して!)」

20110523_microsoft_1

 

ケガをしたところの骨の様子が手に取るように分かってしまう、そんなちょっと未来っぽい医療について紹介してみます。

 

カラダの内部を観察できる「AnatOnMe」

Microsoft Research(マイクロソフト リサーチ)」は、体内の骨格や筋肉組織、腱や神経の様子を肌の表面に投影して確認できるプロジェクター「AnatOnMe」を開発しました。

 

20110523_microsoft_2

 

体内の様子を直感的に理解しやすくなることで、患者への怪我の状態の説明や、効果的な治療法の検討などに役立つとしています。

続きはコチラからmore-link