世界初!衰えた視力を補う「網膜投影電子めがね」

現在、治療見込みのない矯正視力が0.3未満の弱視(Low vision:ロービジョン)の方が推定で100万人いるそうです。そういった人たちを救ってくれるかもしれない眼鏡の紹介。

 

網膜投影電子メガネ

20110406_wear_1

 

大阪市立大学発ベンチャーの「ウエアビジョン」は、高齢者らの衰えた視力を補うメガネタイプの視覚補助装置「網膜投影電子めがね(Ratina projection E-glasses)」を開発しました。

 

着用することによって、2m先に60型のテレビがある感覚で、目の前の映像を鮮明に見ることができます。また、拡大読書器など従来の福祉機器で見えづらかった人でも、文字がくっきり判別できるようになるそうです。

 

利用者は、角膜や水晶体の屈折、調節異常などの視力障害を持つ人、加齢や糖尿病で視力や視野が衰えた人を想定しています。

 

20110406_wear_2

ゴーグル型電子めがね(試作品)

続きはコチラからmore-link

ChromeのExtension「YAGBE」の日本語化

20110405_yagbe_1

 

Google Chrome」のエクステンション(拡張機能)のひとつ「YAGBE(Yet Another Google Bookmarks Extension)」を日本語化してみたのでメモ。

他のエクステンションも同様のやり方で日本語化できると思います。

 

YAGBEってなに?

Google Bookmarks(グーグルブックマーク)」をツリー形式で表示する拡張機能です。階層化されたラベルの追加や編集、検索機能、ブックマークの並べ替えやEメールでの送信機能などが備わっています。

 

20110405_yagbe_2

ツリーを右クリックしたところ(左)、ブックマーク追加画面(中)、検索表示(右)

 

参考URL

その他、詳しい使い方やヒントはコチラを参考にしてみてください。

続きはコチラからmore-link

テープ同士はくっつくけど、他のものにはくっつかない「ふしぎテープ」

20110404_hushigi_1

 

新しく世の中に出てきた商品というのは、当初マジックのようにみえるものです。今回紹介する商品は、名前に「ふしぎ」を付けているだけあって、素人には本当にタネが分かりません。そして、実際に使ってみると、その不思議さ以上に便利さを実感させられます。

 

ふしぎテープ

20110404_hushigi_3

 

合成樹脂製品の製造、販売を手掛けている「仁礼工業」は、テープとテープは接着し、他の物には接着しない、新素材の簡単結束テープ「ふしぎテープ」を開発しました。

 

特長

20110404_hushigi_4

原料:どんな接着剤を使っているの?

テープですが、糊など接着剤は一切使っていません。ゴム製の素材で出来ていて、ゴム同士がくっつきやすいという性質を利用しています。

 

そのため、テープとテープが重なるとくっつきますが、糊は使っていないので他のものにはくっつかないという性質になっています。

 

また、接着剤を使用していないため、使用温度範囲が広く、水にも強く、食品衛生上も安全といった特長を持っています。

 

使い方:すごく簡単、手にも付かない

使い方は巻き付けてテープとテープをくっつけるだけ。これでしっかり結束されて、商品を傷める心配は必要ありません。

 

接着したテープは簡単に剥がすことができ、当然、被結束物に糊が残ることもありません。

 

機能:ほかにどんな特長があるの?

テープの接合面に油やホコリなどが付着していない限り数回程度の再利用が可能です。また、テープ表面にはサインペンやボールペンなどでメモを書くことができます。

 

テープを2重にして使えば、約25kgのものまで使用できますが、更に強度をUPした「スーパーふしぎテープ」も用意しています。

 

用途

アイデア次第でいろんなものを束ねることができます。引越し時に重宝しそうです。

  • 雑誌、新聞、書類、封筒、名刺等の結束
  • 家電製品、パソコン機器のケーブル、パイプの整理
  • 衣類、食器などの保管

 

20110404_hushigi_2

 

シンプルなのにネタが分からなくてここまでワクワクさせられる商品って滅多にないですよね。ぜひ一度これを考えた人に会ってみたいなー。今後は、油分やホコリに強くして何度でも再利用できるようにして欲しいですね!

ふしぎテープ ディスペンサー付 (18mm×35m)
仁礼工業
売り上げランキング: 2117