[IDEC] 気泡に入れる気体によって特殊な性質を持つ「ナノバブル」

大きな可能性を秘めた未知の物質というのは世の中にゴロゴロ存在しています。今回紹介するナノバブルは、取り込んで気体の種類によって、今までに無かった新しい性質を持つことが分かってきました。

 

不思議な性質を持つ「ナノバブル」を大量生産

20110116_idec_1

 

制御機器大手の「IDEC(アイデック)」は、「ナノバブル」と呼ばれる超微細な気泡を大量発生させる装置「nanoGALF(ナノギャルフ)」を開発しました。

 

直径100ナノメートル前後(インフルエンザウイルスくらいの大きさ)の気泡を1立方センチメートルあたり1億個発生することが出来ます。

 

ナノバブルの特殊な性質

発生させたナノバブルは特殊な性質を持っていて、電機、医療、化学など様々な分野への応用が期待されています。

 

例えば、ナノバブルの気泡の中に酸素を入れ、それを水に溶かして酸素ナノバブル水を作ります。この中に、淡水魚と海水魚を入れたところ、数ヶ月に渡って両方とも元気に生存しました。現在は、食品の防腐剤の代わりに使用しようと開発中のようです。

 

また、オゾンを使ったオゾンナノバブル水は、非常に強い殺菌、消毒効果を持っています。東京医科歯科大学は、オゾンナノバブルの殺菌効果によって、癌細胞が減少したと発表しています。この殺菌効果は、医療だけでなく、食品産業でも利用されようとしています。

オゾンナノバブル水は、海水のミネラルのイオンに、オゾンが反応してピンク色になります。

 

今後、ナノバブルに関する研究開発がさらに発展していけば、農業では農薬が不要になり、畜産や養殖漁業では、抗生物質などを使わなくなるかもしれません。

 

20110116_idec_2

ナノバブルとその周辺の様子(左)、ピンク色のオゾンナノバブル水(右)

続きはコチラからmore-link

歯並びをキレイにするには「すりつぶして噛む」のが一番いい!

歯並びがキレイな子は、スポーツが上手い。反対に、噛み合わせが悪いと、奥歯を思いっきり噛めず、力を入れることが難しい。

国際オリンピック委員会の調査でも、歯並びが運動能力に影響を与えることを確認しています。

 

運動に限らず、歯並びの良し悪しは、生きる上で結構重要だと思います。今回は、歯並びを良くする方法について、新しい研究成果が上がってきたので紹介。

 

すりつぶして噛むと歯並びが良くなる!

20110115_lion_1

 

ライオン(包装技術研究所)」は、「日本大学(松戸歯学部)」と共同で、歯並びが良い子どもに成長するためのかみ方を、シミュレーション技術を使い明らかにすることに成功しました。

 

結果、歯並びの悪化を防ぐためには、食べ物をすりつぶすようによく噛むことが、重要であることが分かりました。

続きはコチラからmore-link

[アイカムスラボ] カメラのフォーカス切替不要!「不思議マイクロ調整メカニズム」

地方のベンチャー企業のなかにも世界に誇れる凄い会社がたくさんあります。今回は、「2009年元気なモノ作り中小企業300社」にも選ばれた、岩手県の会社を紹介。

 

AF/MF切り替え不要「不思議マイクロ調整メカニズム」

20110108_icomes_1

 

アイカムスラボ」は、「不思議マイクロ調整メカニズム」を開発し、従来のカメラでは必要だったオートフォーカス(AF)とマニュアルフォーカス(MF)の切り替えスイッチを無くすことに成功しました。

オートフォーカスとは、モーターを使って、自動的にピント(焦点)合わせをする技術のこと。マニュアルフォーカスとは、フォーカスリングを手で回して調整する方法。

続きはコチラからmore-link