不思議なことに、これだけ文明が発展しても、未だに人類は蚊に刺されています。

レーザーで蚊を退治する方法もありましたが、一般家庭では使えませんでした。

 

今回は、蚊の習性から着想し、世界中で実用化が期待されている発明の紹介。

Light Wall(光の壁)

コロンビア大学」の「Szabolcs Marka」准教授は、蚊を寄せ付けない光のバリアーLight Wall(光の壁)」を作ることに成功しました。

 

蚊は、血を吸う対象を見つけるためのセンサーをもっています。開発した光の壁は、”蚊のセンサーを混乱させる”ことで侵入を防いでいるそうです。

 

20111105_mosquito_1

右上の領域には蚊が来ない!(右側の赤線が光の壁)

特長:光を当てるだけ!

光を照らすだけ”で、簡単に蚊の侵入を防ぐことができます。玄関などの入り口に設置することで効果的に蚊から身を守れそうです。

 

20111105_mosquito_2

メガホン状に光が広がるようにすれば、内側の赤ちゃんを蚊から守れる!

 

マラリア被害に光明

蚊によって引き起こさせれる感染症「マラリア」は、毎年100万人近い人の命を奪っています。その大半は、アフリカ大陸の南部に暮らす5歳以下の子どもたちです。

 

動画

 

発売時期:実用化はいつ?

ビル・ゲイツ財団のチカラを借りて、数年以内には実用化できるそうです。

 

Mosquito-repelling light barriers show great promise in the containment of malaria

引用元:Columbia Technology Ventures

 

人間にくっついてきた蚊とか、完全に家のなかへの侵入を防げる方法では無いけれど、今までと比べたら大きな進化を遂げた発明だと思う。ぜひ一日も早く実用化していただきたい。