20110720_voice_1

 

一度、声帯を傷つけてしまうと喋りにくい、あるいは、まったく話せなくなってしまいます。

そこで今回は、傷ついた声帯を治すことができる画期的なジェル素材について紹介します。

 

Synthetic Gel

マサチューセッツ工科大学(MIT)」と「ハーバード大学」の研究グループは、声帯が傷つき失ってしまった声を取り戻す「人工声帯ゲル」を開発しました。

 

ポリエチレン・グリコールPEG)」と呼ばれるゲル素材を、傷ついて固まってしまった声帯に注入することで、再び声帯が振動して発声できるようになります。

 

20110720_voice_2

人工の声帯(左)と本物の声帯(右)の比較

 

20110720_voice_3

ポリエチレングリコールは柔軟性が高く、声帯の動き(振動)をリアルに再現できた!

ポリエチレングリコールってなに?

おもに、化粧品や歯みがき粉、便秘薬などに使われている水溶性ポリマー(ゼラチンや寒天っぽいもの)です。

 

動画:声帯が動いている様子

 

歌手のような声をよく出す人ほど声帯が傷つきやすいみたいだけど、中には、しゃべれなくなる不安を抱えながら仕事している人も大勢いると思う。

 

そういう人たちにとって今回の技術は、全力で歌ったり話せるようになれる、希望の光になる気がする。