20110705_kimica_1

 

いつもクチにしている野菜や魚を通して、

少しずつ放射性物質が蓄積されているかと思うと不安になりますよね。

 

とくに、これから先何十年も生きていく子どもたちの健康を考えると、

一刻も早い除染作業の完了を願うばかりです。

 

今回は、不幸にも体のなかに入ってしまった放射性物質を

可能なかぎりカラダの外へと排出するサプリメントを紹介します。

 

放射性物質を排出する「アルギン酸カプセル」

キミカ」は、”放射性物質”の体外排出をたすける”アルギン酸”をつかったサプリメント「アルギン酸カプセル」を2011年7月1日から発売しました。

 

20110705_kimica_2

ストロンチウムの除去効果が高い”アルギン酸ナトリウム”を100%使用!

 

アルギン酸は、定期的に摂取することで、”被曝した場合”でも体内への放射性物質の残留を防ぐことが期待できるそうです。

開発背景

東京電力福島第一原子力発電所”の事故による健康への不安の声に対応しました。

 

特長:アルギン酸ってなに?

何からできているの?

昆布やワカメなどの海藻にふくまれる”天然の食物繊維”です。

パンや麺の食感を良くする増粘剤や保湿剤に使われています。

 

20110705_kimica_3

アルギン酸の原料は世界中の海藻

 

どんな効果があるの?

血中コレステロールを低下”させて動脈硬化を予防したり、血圧を下げる効果あります。

 

放射線にも効果があるの?

放射線医学総合研究所」によると、放射性物質の一種である「ストロンチウム」は、体内でアルギン酸と結合され、体外へと排出されるそうです。

 

実験では、ストロンチウムを取り込んだ人が一定量のアルギン酸を摂取したところ、放射性物質の”残留率が8分の1”にまで減少したそうです。

 

コンブじゃダメなの?

一時期、ヨウ素を含む昆布を食べることで、放射性物質による健康被害を予防できる説が流れました。

 

しかし、有効な成分を必要な量だけ摂取するためには、大量の昆布を食べる必要があり、現実的ではないとされています。

 

販売

購入はこちらからどうぞ(楽天)。

 

冷静に見るとタイトルが怖いな。除染が当たり前って。

去年の今頃は、こんなタイトルの記事を書くなんて想像もしてなかった。

来年の今頃は、もっと明るい記事を書いていたいなー。

 

って、書いてるそばから和歌山で震度5強。