20110525_led_1

 

最近、一般の家庭で安価な白熱電球から、高価なLED電球への買い替えが急速に進んでいます。その理由は、「長寿命」と「安い電気代(低消費電力)」にあると思います。つまり、値段は高いけれど、長い目で見れば「お得」で環境に優しい「エコ」だからでしょう。

 

白熱電球からLED電球になって大きく変わった点は、低い消費電力すなわち「エネルギー効率」にあります。一般的な白熱電球は、エネルギーの約98%を熱として失ってしまうのに対して、LED電球はわずか20%だけを失い、残りの80%を光に変換することができます。

 

LED電球の登場により、環境への負荷が大きく軽減されて進化した電球ですが、今回は、さらにもう一歩進んだ未来の電球について紹介してみたいと思います。

 

世界を驚かす環境に優しいLED電球(8個)

1. リモートコントロール&照射方向選択

付属のリモコンをつかって遠隔制御できる「ecobulb」は、照明を照らす方向を自由に選択できます。不要な方向へ照射しないことで、ムダな電気を消費しないことに成功しています。

 

20110525_led_2

電球が分割されていて、同じ形をしたリモコンが付いてくる

 

20110525_led_3

照らしたい方向のLEDだけを点灯できるので、とっても省エネ!

2. サウンドパワー(音を光に変換)

Design Academy Eindhoven」でデモが行われた少しパッとしない装置は、周辺の音をマイクでひろって振動エネルギーに変えて、LEDを光らせることができます。騒音(ノイズ)を有益なエネルギーに変換できる、とても素晴らしい発明です。

 

20110525_led_4

炭素を一切つかわないクリーンな音力発電装置

 

3. フルカラー(1600万色発光)で色鮮やか

Philips(フィリップス)」から発売されている「LivingColors(リビングカラーズ)」は、光の色や彩度、調光をワンタッチで切り替えられるインテリアライトです。

 

20110525_led_5

リモコンの円形カラーパレットにタッチすると色が変化

 

20110525_led_6

使用しているLEDは、赤色が2個、緑色が1個、青色が1個の計4個

 

4. 柔軟なデザイン

LED電球では、白熱電球時代には想像もできなかった柔軟な形の光源を実現できます。そのひとつの例として星の軌道をイメージした「orbital light」が挙げられます。

 

20110525_led_7

エコを推進するにはスタイリッシュで買いたいと思わせないと難しい

 

5. なぜか透明な照明

Cohda」が開発した「Crypsis」は、パッケージの継ぎ目がなく透明な照明システムです。公式サイトでも情報を制限していて謎に包まれていますが、商用化された場合には配線の苦労は過去のものになりそうです。

 

20110525_led_8

低電圧で配線不要な外観が透き通った照明

 

6. 低価格で提供

LEDが普及し始めたとはいえ、売上高を見るといまだに白熱電球の方が高いです。理由は、消費者がLED電球の運用コスト安によるリターンを得られるまでに、4年ほどかかるためだと言われています。

 

Eternaleds」が開発したLED電球シリーズ「Quanta」は、本体に含まれる高価な金属を40%削減し、プラスチックに置き換えました。内部の発熱を逃がすために外観のデザインも変わったものになっています。

 

20110525_led_9

毎日8時間使用した場合に2年で白熱電球と同等のコストになる

 

7. 最小の光から最大の照明効果

葉っぱの上の水滴をイメージした「Riflessi Light」は、露のしずくによる反射が最大限の光を集めるという原理に基づいて設計されているそうです。

 

20110525_led_10

青い布(葉っぱ)が光源で黒いボール(水滴)が光を効率良く反射する鏡

 

8. Google(グーグル)

「Google(グーグル)」は照明メーカー「Lighting Science Group」と提携して、「Android(アンドロイド)」が搭載されたスマートフォンから操作できる「LED電球」を開発しました。登場時期は2011年12月あたりだそうです。

 

20110525_led_11

アンドロイドと電球間の通信プロトコルを普及させたら家電へ展開!

 

いろんな種類の電球が登場してきて、照明の姿は今後おおきく変わっていきそうだなー。日中と夜間で室内のホワイトバランスを自動調節してくれる照明とか出てきたら絶対買うw