20110508_aroma_1

 

これからアロマを始める方に是非すすめたいアロマディフューザーの紹介。

 

いままでの製品はヒーターでアロマを加熱して蒸気にする方式が主流でした。この新製品は熱を一切使わず、細かい霧として噴出するため、香りを損なわずに楽しむことができます!

 

@aroma personal diffuser 「squair(スクエアー)」

ディフューザーオイルの開発・販売を行う「アットアロマ」は、熱を使わないコードレスタイプの卓上アロマディフューザー「personal diffuser squair(パーソナル・ディフューザー・スクエアー)」を2011年4月26日に発売しました。

 

購入はこちらからどうぞ(楽天amazon)。

 

20110508_aroma_2

熱を使わずシュワッと香る、最先端性能のアロマディフューザー「squair」

 

つづきに特長、仕様を掲載しています。

特長

最新の噴霧方式を採用!

ピエゾ素子を採用したことで、熱を使わないため香りが変化せず、上質なアロマ空間を作り出します。ピエゾ素子とは、圧電素子のひとつで、電気をモノを動かす力へ変えることができます。これを噴霧口とオイルタンクの間に入れて振動させることで、オイルを霧状にしています。

 

エッセンシャルオイルは、きめの細かい霧状となって噴霧されるので、目で楽しむこともできます。

 

20110508_aroma_4

霧状のアロマオイルが放出されている様子

 

繰り返し使える充電機能を搭載!

電源は、付属のACアダプターのほか、単3電池を2本セットすることでも使用できます。さらに、本体に充電式電池を入れてACアダプターを繋ぐと電池を充電することができます。

 

運転音が静かで、コンセントが無くても使えるため、会議やデスクなどでの使用に適しています。

 

日本を意識した自然な存在感のあるデザイン♪

「どんな空間におかれても、自然な存在感」、「身近な場所に、ちょっとした香りの贅沢を」というコンセプトのもと、自然で存在感のある日本を意識したデザインに仕上がっています。

 

本体を2分割する曲線は、ほのかに立ち上がる香りの姿を表現しているそうです。

 

20110508_aroma_5

プロダクトデザイナーの澄川伸一氏がデザイン

 

使用場所にあわせて濃度調整ができる!

スライドスイッチを操作して、噴霧量を調節することができます。噴霧量の調整は、本体前面のLEDランプで確認して行うことができます。

 

香りの濃度を変えることができるため、オフィス(パブリックな空間)や自宅(プライベートな空間)など使用場所にあわせて簡単に対応することができます。

 

20110508_aroma_6

本体の見取り図

 

詳細仕様&付属品(アクセサリー)

持ち運べるコンパクトサイズ&パワフル噴霧

本体サイズは、100×90×20mm(幅×奥行き×高さ)、重さは約85g、最大でたたみ40畳分の範囲まで拡散することができます。

 

交換用パッドも付いてくる

本体には充電用ACアダプター、交換用パッド10枚、クリーナーが付属します。

※ 単3電池2本(充電池)は別売りです。アルカリ電池も使用できます。

 

和風テイストなカラーバリエーション

本体カラーは桜、空、鶯、墨、藤の全5色から選ぶことができます。

 

20110508_aroma_3

左から順に、桜(さくら)、空(そら)、鶯(うぐいす)、墨(すみ)、藤(ふじ)

 

【新発売】「squair(スクエアー)」 4月26日(火)発売

引用元:アロマで空間をデザインするアットアロマ株式会社

 

性能も良いし、コンパクトさもバッチリ!それと、持ち運ぶアイテムは、持ち運びたくなるデザインじゃないと絶対に続かないけど、そういった意味でも申し分ない出来だなー。