雪の上を埋まらずに歩ける靴といえば、「かんじき(橇)」をイメージされると思います。もしくは、最近出てきた「スノーシュー」というプラスチックとジュラルミンで出来た雪上歩行具かもしれません。

 

今回は、日本の伝統的な履物である「輪かんじき(ワカン)」と形が非常に似ている便利な靴を紹介。

 

「かんじき」のような「スモールフット」

AnyExit」は、持ち運びが便利軽量タイプのスノーシューズ「Small Foot(スモール・フット)」を発売します。

 

おしゃれなポケットサイズのバッグの中に、2つの雪靴(浮き袋)と空気入れが入っています。空気入れで、浮き袋を膨らませると、「かんじき」のような形になります。そして、輪の中に、今履いている靴を入れて、ベルトで固定することで装着できます。

 

20110130_anyexit_2

バッグの形をした「Small Foot」、同梱されているポンプで膨らませます

20110130_anyexit_1

どこにでも持ち運べて、いつでも簡単に装着できます

 

Small Foot

引用元:AnyExit

 

縄文時代から伝わる「かんじき」の形にたどり着いたということは、やっぱりこの形にそれなりの意味があるんだと感じた。古くから伝わるものを現代版にブラッシュアップしたら、さらに便利になりそうなもの沢山ありそうだなー。