歯を削るときの「キューイーン!」という音ってイヤですよね。たぶん、歯医者さんを嫌いになる理由の大半を占めているんじゃないかと思います。今回は、この音を消した画期的(?)な歯科用ドリルの紹介。

 

歯を削る音が聞こえない歯科ドリル

20110118_dental_1

 

「ロンドン大学キングズ・カレッジ(King’s College London, KCL)」などの研究グループは、歯を削る音がしない歯科治療用ドリルを開発しました。

「ブルネイ大学(Brunel University)」、「ロンドン・サウス・バンク大学(London South Bank University)」との共同研究だそうです。

特長

このドリルは、専用のヘッドフォンを患者に装着して利用します。そして、歯を削る際に発生する音をかき消す(相殺する)音をヘッドフォンから出すことで、ドリルの音を聞こえなくしています。

 

ヘッドフォンを付けていても、医師の説明する声は聞き取ることができ、また、MPプレイヤーや携帯電話をつなぐだけで、自分の好きな音楽を聞きながら治療を受けることもできます。

 

仕組み

音波を分析するチップとマイクロフォンからなり、MP3プレイヤーや携帯電話にプラグを差し込むだけで、フィルター選別によって、ドリルなどの器具の音だけを消してくれるものだそうです。

 

ソニーのウォークマンに搭載されているノイズキャンセリング技術と似ていますが、「アダプティブ・フィルタリング」と呼ばれる自動車メーカー「Lotus」が開発した技術を使っているそうです。

「アダプティブ・フィルタリング」は、もともとは、道路付近の騒音を消しつつも救急車のサイレン音だけを聞き分けるための技術だったようです。

 

今後の展開

商品化に向けて投資家を募っていくそうです。

 

The device that could end our fear of going to the dentist by drowning out the drilling

引用元:Mail Online

 

子供が歯ブラシするときに飽きないように、磨いている間だけ音楽が鳴る歯ブラシとかあったら面白いかも。嫌なものを興味あるものに変えるだけで、人は関心を持つようになるんだよね、きっと。