大きな可能性を秘めた未知の物質というのは世の中にゴロゴロ存在しています。今回紹介するナノバブルは、取り込んで気体の種類によって、今までに無かった新しい性質を持つことが分かってきました。

 

不思議な性質を持つ「ナノバブル」を大量生産

20110116_idec_1

 

制御機器大手の「IDEC(アイデック)」は、「ナノバブル」と呼ばれる超微細な気泡を大量発生させる装置「nanoGALF(ナノギャルフ)」を開発しました。

 

直径100ナノメートル前後(インフルエンザウイルスくらいの大きさ)の気泡を1立方センチメートルあたり1億個発生することが出来ます。

 

ナノバブルの特殊な性質

発生させたナノバブルは特殊な性質を持っていて、電機、医療、化学など様々な分野への応用が期待されています。

 

例えば、ナノバブルの気泡の中に酸素を入れ、それを水に溶かして酸素ナノバブル水を作ります。この中に、淡水魚と海水魚を入れたところ、数ヶ月に渡って両方とも元気に生存しました。現在は、食品の防腐剤の代わりに使用しようと開発中のようです。

 

また、オゾンを使ったオゾンナノバブル水は、非常に強い殺菌、消毒効果を持っています。東京医科歯科大学は、オゾンナノバブルの殺菌効果によって、癌細胞が減少したと発表しています。この殺菌効果は、医療だけでなく、食品産業でも利用されようとしています。

オゾンナノバブル水は、海水のミネラルのイオンに、オゾンが反応してピンク色になります。

 

今後、ナノバブルに関する研究開発がさらに発展していけば、農業では農薬が不要になり、畜産や養殖漁業では、抗生物質などを使わなくなるかもしれません。

 

20110116_idec_2

ナノバブルとその周辺の様子(左)、ピンク色のオゾンナノバブル水(右)

ナノバブルの商業利用実績

ナノバブルの用途は幅広く、IDEC社だけでも200を超える実績があります。

 

水処理分野

  • 関西電力と共同開発した火力発電所
  • 冷却水のクラゲ処理
  • 米のとぎ汁処理
  • JRの車両洗浄排水処理
  • ゴルフ場の溜め池の浄化

ドッグバス

ペットに優しいシャンプーを使用しない入浴方法を実現

環境問題への対応

  • 土壌浄化
  • 植物工場
  • 海や川、湖などの水質改善

 

他にも、様々な効果があるようです。

 

水生生物の成長促進

ナノバブルを発生させた海域近くでは、明らかに魚の成長速度が早かったそうです。

 

美容効果

ナノバブルの小さい泡が、毛穴の汚れを洗浄、殺菌して、美肌にする効果があるそうです。

 

洗浄殺菌

牡蠣(カキ)の出荷工場で使用されており、オゾンナノバブル水を用いて洗浄することで、食中毒のクレームが大幅に減ったそうです。

 

ナノバブルの今後の展開

20110116_idec_3
nanoGALF (GAs Liquid Foam)

 

従来の発生装置は大型化が難しく、実用化が進んでいませんでした。今回開発した装置は、大型化が可能であり、今後は、大学や企業の開発研究だけでなく、産業用途での展開も目指すそうです。

 

ナノバブル極微細気泡 発生技術を開発! IDEC nanoGALF(ナノギャルフ)

引用元:IDEC

 

まだまだ謎の多い「ナノバブル」だけど、生物の成長速度を上げたり、病気に効果があったり、美容にも良かったりと、なんだか不老長寿に効果的な万能薬な印象を受けた(あばうとw)。酸素やオゾンだけでなく、他にも色んな気体を入れることで、産業用にも活かしていけそうだし、ナノよりももっと小さい気泡だったら更に性質が変わるのか、とか、ますます謎は深まるばかり(ォィ。