[ネットスター、ヤフー] スマートフォン向け企業用ブラウザー登場!

スマートフォンには、インターネットを見るためのソフトが沢山存在していますが、また一つ新しい特長を持った閲覧ソフトが生まれました。

【参考】 iPhone、iPod touch、iPadで使えるフルブラウザアプリ集

 

NetSTAR & Yahoo! Japan

20101217_netstar_1

大手検索サイト「Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)」は、有害サイトの閲覧を制限するフィルタリング技術開発の「NetSTAR(ネットスター)」と共同で、企業向けに閲覧制限機能を備えたインターネット閲覧ソフト(ブラウザー)「NetSTARビジネスブラウザ」を開発しました。

続きはコチラからmore-link

[ペイシェントジャーニー] 地域ごとに疾病別の患者数を推定する「リーズンホワイ」

20101216_reasonwhy_1

病院経営コンサルティングの「ペイシェントジャーニー(Patient Journey)」は、NTT社内ベンチャーの「サイバーラボ(Cyber Laboratory Inc.)」と共同して、医療情報提供サービス「リーズンホワイ(ReasonWhy)」を始めました。

 

リーズンホワイ(ReasonWhy)

各地域の病気別の患者数(推測値)を表示したり、今後の患者数を予測(将来の人口推計と疾病発症率から)するサービスを提供しています。

 

また、推測した患者数と、実際にその地域で受診した患者数を比較することで、違う地域の病院へ流出しているかどうかを推測する機能も備えています。

たとえば、荒川区では早産などの疾病で流出超過になっていて、産科体制の整備が課題だと分かります。

 20101216_reasonwhy_2

 

他には、厚生労働省が公表するデータをもとに、病院の患者数や病床稼働率などをグラフ化し、アニメーション表示する機能を備えています。

 


 

いま病院を経営している人はもちろんですが、これから病院を開業しようしている人にとっても貴重な情報源になりそうですね。

[NHK出版] 読者共有&ツイッター連動!電子書籍の感想サイト「SHARE READER」

20101215_share_1

日本放送協会出版(NHK出版)」は、2010年12月13日、電子書籍で感想を共有できるシェアリーディングサービスSHARE READER(シェアリーダー)」を始めました。

 

SHARE READER(シェアリーダー)

20101215_share_2

 

電子書籍の気に入った文章を指でなぞってシェアするをタップ、または感想を入力してシェアするをタップすると、「SHARE READER」に本文と感想が投稿されて共有することができます。また、感想を入力した場合はTwitterアカウントへも投稿できる仕組みになっています。

本文の引用は115文字まで、感想は90字程度となっています。

 

米国では「シェアリーディング」と呼ばれ、既に広く普及していて、ほかの読者が書籍の本文に引いたアンダーラインやコメントを共有できる機能などが提供されています。

 


 

ツイートしながら読書するという新しい習慣が生まれそうな予感。読み終わったら、同時に一冊分の感想文が出来上がっちゃう。あとは、ブログに貼り付けたら立派なレビューが完成するかもw。

 

他にも、全国の学校の先生が教科書の感想を書きまくったら、わかりやすい教科書が出来そうだし、新聞がコメントされまくったら、世論の関心や意見が一目で分かるようになりそう。

 

電子書籍なら、誤字脱字を見つけてコメントしたら、すぐに訂正してくれそうだしw。

 

紙の書籍では実現できなかったことが、インターネットで繋がった電子書籍ではできる。どうなるかは分からないけど、読書スタイルが大きく変わることは間違いないですね。