[電通] AKB48のグッズを作成できる「エンデマ」

好きなアーティストや、タレントのオリジナルグッズを作れちゃうサイトを紹介。

 

「エンデマ」 自分だけの写真集やカレンダーを作成

20101226_endema_1

 

電通」は、タレントやキャラクター、スポーツ選手などの画像を、ユーザーが自由に選択し、オリジナル・グッズを作成できるインターネットサービス「endema(エンデマ)」を始めました。

続きはコチラからmore-link

[PinQA][コロプラ] 「ジオメディア」 ひとが動けば情報とカネが生まれる

ケータイを開いて、地図アプリを立ち上げれば今ドコにいるかが一瞬で分かる。とても便利な世の中になってきましたよね。

 

今回は、さらにもう一歩踏み込んで、そこから新たなサービスを展開しようとしている企業の話。

 

ジオメディア(Geo Media)

20101225_geomedia_3

 

ジオメディア」と呼ばれる新しいサービスが急速な広がりを見せています。

 

ジオメディアとは、

 

ネットと現実の”場所”を結びつけ、

人の移動や消費、情報の発信を促すシステム

 

のことを指します。

 

たとえば、

 

「近くに誰がいて、どんな店があるのか?」

 

こんな投げかけに答えてくれるサービスが、続々と登場してきています。

続きはコチラからmore-link

[エスアイ精工] 熟したイチゴを自動で判別!寝ている間に収穫しちゃうイチゴロボ

イチゴを収穫する人件費って意外と高かったんですね。今回は、これでイチゴが安くなればいいなーと思った製品の紹介。

 

いちご収穫ロボ実用化

20101224_ichigo_1

 

産業用機械製造の「エスアイ精工」は独立行政法人「農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)」などと共同で、イチゴの収穫作業用ロボットを開発、実用化しました。

 

イチゴの生産は、1000平方メートル当たり年間約1900時間と、稲作の約70倍の時間がかかっていて、うち4分の1は収穫作業に取られていたそうです。

 

このため、ロボットによる自動化に期待がかけられていました。今後は、省力化を目指す農業法人や農家をターゲットに、来年春までに販売することを目標に掲げています。

 

特長

20101224_ichigo_2

イチゴの色をカメラでとらえて熟した果実だけを収穫できるようになっています。

続きはコチラからmore-link