モルヒネ同等の鎮痛作用をもち副作用のない物質「2ccPA」を発見!

kairospharma_2

10月20日から新「お茶大グッズ」(寄付付き商品)販売を開始!

 

カイロスファーマ株式会社」は、モルヒネに劣らない高い鎮痛効果を持ち

新型鎮静剤に使える物質「2ccPA」と呼ばれる物質を発見したと発表しました。

 

嘔吐、幻覚、依存性などの副作用がなく、安全性が高いといった特長を持っていて

経口投与(飲み薬)においても、良好な鎮痛効果が確認されたそうです。

 

副作用のない画期的な鎮痛剤として、その有効性が非常に期待されていて

今後は、痛みに関連する疾病領域への適用を視野に入れています。

 

実は、この「カイロスファーマ株式会社」は、科学技術振興機構の協力のもと

2010年1月に設立された「お茶の水女子大学」発ベンチャーの第1号になります。

 

kairospharma_1

 

現在は、臨床試験をめざして、開発パートナーの探索を開始した段階ですが

これからの研究、そして企業としての動向が気になりますね♪

[Panasonic] 頭の形に合わせて自動で髪を洗ってくれる「洗髪ロボ」

senpatsurobo_1

 

パナソニック」はこのほど、髪の毛を自動で洗ってくれる「洗髪ロボット」を発表しました。

 

取り扱い説明書

1. タッチパネルで髪の長さなどを選択します。

 

2.  ヘルメット状の装置に、仰向けになって頭を乗せます。

 

3. 左右8個(計16個)のもみ玉に組み込まれたセンサーが頭の形を計測します。

 - 計測技術には、頭の形を判別する「3D形状追従メカニズム」が使われています。

 - もみ玉は、直径約2センチのシリコン製の突起物です。

 

4. 髪全体にお湯とシャンプーの泡が吹き付けられます。

 

5. もみ玉が約8分かけて頭全体を心地よくマッサージしながら洗い上げます

 - 快適な洗浄動作を行うために必要な「力検出センサー」などの技術を搭載しています。

 - マッサージ機能として、「もみ」や「押さえ」などの動作を繰り返します。

開発背景

病院や介護施設などで「お風呂は無理でも髪だけでも洗いたい」という要望が多いなかで、

そこまで手が回らないという医療・介護従事者らの声を受けて開発したそうです。

 

高齢化社会のなかで、こういった自動化ロボットの登場により、

介護者の負担を少しでも軽くすることができれば有り難いですね。

 

近い将来、街中の美容院で普通に利用される日が来るかもしれません。

おわりに

開発者である中村氏は、もともと光ピックアップの開発をしていて

そこで培った制御技術を応用してアシストロボットの開発者になった人物です。

 

主力であるAV家電や白物家電が落ち込んでいるなか、

持ち前のロボットハンド技術を活かしてヘルスケア分野を盛り上げて欲しいですね!

セブンイレブンのATMが新しくなります(3代目:省エネ&処理時間短縮)

sevenbank_1

 

セブン銀行」と「NEC」が10月18日に新型ATM(第3世代)を発表しました。

 

sevenbank_4

 

現行機(第2世代)から進化した点は大きく2つあります。

 

1. ユーザビリティ向上

 紙幣処理速度の向上、省エネモードからの復帰時間の短縮など。

 機器の高さを低くし、操作画面の位置、角度を変更して利便性向上。

 取り忘れ防止センサー、スピーカーの追加による安心、安全機能の追加。

 

お昼時間にATMに並ぶ光景が減るかも。

sevenbank_2

 

高齢者や、車椅子の方に使いやすくなったことは良い事ですね!

sevenbank_3

 

2. 環境配慮

 取引時以外は常に省エネモードへ移行し、画面のバックライトにLEDを採用して

 消費電力を約半分に抑制。長寿命、リサイクル可能素材の採用。

 現金を格納するカセットを追加し、紙幣量を増加させて補充コストを削減

 


 

また第3世代は、その省エネ性能が認められて

グリーンITアワード2010 審査員特別賞」を受賞しています。

sevenbank_5

 

まずは、来月から西東京地区で試験導入して、

来年3月から都内を中心に順次導入される予定です。

 

外観の変化はそれほど無いので、気づかない人も多そうですが

こういった地道な努力の積み重ねが大事なんですよね。