[Photoshop] 写真の修整テクニック ~基本編「ヒストグラムの重要性」~

20101023_photoshop_1
Photoshop 10年使える逆引き手帖 【CS4/CS3/CS2/CS/7.0対応】

辞書代わりにオススメです(サンプルダウンロードも可)。イラレ版はコチラからどうぞ。

 

前回の自動補正に続いて、今回は自分の好みに合わせて

手作業で写真の明るさや色を調整する修整方法についてまとめてみました。

 

基本編ということで(応用編があるか分かりませんが…)、

よく利用される機能の使い方を順番に紹介していきますね。

 

今回は、修整作業をする上で非常に重要な「ヒストグラム」の説明です。

 

ちなみに、写真をきれいに補正する作業は、”修正”ではなく”修整”という単語が使われます。

【修整】
写真で、原板・印画の傷を消したり、画像に手を加えたりすること。レタッチ。

引用元:しゅうせい【修整】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

 

縦に長くなったので、続きへどうぞ~。

 

続きはコチラからmore-link

声と光と振動で感情を伝えてくれるカワイイロボット「ココナッチ」

yukai_coconatch_1

 

個人的にかなり注目している「ユカイ工学」から、新型ロボット「ココナッチ」が発売されます。

 

2010年10月29日~11月3日に開催される「Tokyo Designers Week 2010 (TDW2010)」にて限定販売されます。価格は5,500円、個数は100個の予定です。

 

動画を見て頂けたら分かりやすいのですが、電子メールやツイッターに届いた内容を分析して

振動や音で表現するかなり可愛いロボットです♪

 

 

手のひらサイズの豆型ロボット「ココナッチ」の仕組み

 

まず「ココナッチ」には、固有のメールアドレスが与えられていて

パソコン経由でインターネットに接続されています。

 

「ココナッチ」宛にメールが届くと、その内容に応じて「ありがとう」といった声を出したり

光や振動を出すといった仕組みになっています。また、メールのやり取りが増えていくと

言葉を学習して表現が豊かになっていくなど、とても賢いです。

 

もう一つの特長として、「ココナッチ」を握るだけで返信が出来ます。

ここでも、握る回数で感情を判断し返事を出したりと、やっぱり賢いですw

 

賢いロボット「ココナッチ」が出来るまで

 

やはり、一番のウリである感情を読み取る部分がもっとも苦労したところだそうで、

文章の内容をもとに相手の感情を「ココナッチ」がうまく読み取れなかったそうです。

 

そこで、携帯電話向けのブログおよそ300万ページを分析することで

感情の表現方法を蓄積していったそうです。一見簡単そうですが、

たぶん、舞台裏ではかなり努力していると思います(汗;)

 

今後の展望

 

まずは、「ココナッチ」を年内に1200個販売することを目標に掲げています。

 

販売価格が5500円と、お手頃な価格なので個人的には達成できると思ってます。

 

今後は、「社名の通り、人を楽しませる愉快なロボットを作りたい」ということで、

今までに見たことのない面白いロボットを作ってくれると期待しています。

 

他にも面白いロボットを開発しているので、是非一度ホームページを見ていってくださいね♪

[雑貨] ぶさカワイイ!?ちょっぴり笑顔になれる動物たちのブックマーカー

20101023_bookmarker_1

ぶさカワイイネコたちがいろんなアイテムになって登場!

 

かわいらしい本のしおりの紹介♪

タイトル画像から分かる通り、かなりブサイクです(笑)

 

でも、だからこそ手作り感があふれていて愛嬌を感じます。

 

20101023_bookmarker_2

 

しっぽがこんな感じで伸びていて、ちゃんと栞の役割も果たしてるし。

(しっぽの後ろに付いているのはなんでしょうかw)

 

20101023_bookmarker_3

 

フェルト生地で出来ていて暖かみがあって、

寒くなるこれからの季節にはちょうどいいんじゃないかなと思います。