日本の研究所から、パソコンの未来を変える夢のような電子デバイスが開発されました。

 

パソコンの中はざっくり言うと、計算を行うCPUと、計算結果を記録するメモリで出来てるんだけど、その両方の性質を持った新しいモノの紹介。

 

消費電力100万分の1!「アトムトランジスタ」

20101229_transister_1

 

物質・材料研究機構(国際ナノアーキテクトニクス研究拠点)」の長谷川剛らのグループは、従来の100万分の1の消費電力で、演算も記憶も行うことが可能な新しいトランジスタ「アトムトランジスタ」の開発に成功しました。

「大阪大学(大学院理学研究科)」の小川琢治教授、「東京大学(大学院工学系研究科)」の山口周教授らの研究グループとの共同開発

 

20101229_transister_2

 

記憶(状態を保持)できる演算素子は、起動時間ゼロのパソコン開発に不可欠であり、今回の素子開発により、その実現がさらに早まることが期待されます。

 

さらに、演算と記憶の双方の機能を併せ持つことから、人間の脳のような、より柔軟なコンピューター回路の実現が期待されます。

アトムトランジスタの特長

演算素子と記憶素子双方の性質を持つ

用いる電圧領域によって、ひとつのアトムトランジスタがオン/オフを繰り返す演算素子としても、状態を保持する記憶素子としても動作します。また、演算素子動作と記憶素子動作の電圧比は、およそ1:2。

 

圧倒的な低消費電力

記憶素子として動作している時の消費電力は従来素子の100万分の1。演算素子として動作している時の消費電力は半導体トランジスタの100分の1

 

動作時のオン/オフ比が大きい

記憶素子動作時のオン/オフ比が8桁と極めて大きい(従来素子は、たかだか1桁)。演算素子動作時のオン/オフ比は、半導体トランジスタと同等の6桁。

 

構造が簡単

現在の半導体素子製造と互換性のある材料、ならびにプロセスで作製可能

 

100万分の1の消費電力で、演算も記憶も行う新しいトランジスタを開発

引用元:NIMS

 

今回の研究発表によって、不揮発性のロジック回路、そして、ゆくゆくは脳型回路に繋がる新しいコンピューター回路の開発を可能にした感があります。超小型の、それこそ腕時計サイズでパソコンや携帯電話などの機能をもった機器を実現できてしまいそうです。

 

消費電力もかなり下がってきているので、今の腕時計にあるソーラーパネル発電で、パソコンの充電も出来ちゃうそんな夢のようなパソコンが登場してくるかもしれませんね。楽しみー。