好きなアーティストや、タレントのオリジナルグッズを作れちゃうサイトを紹介。

 

「エンデマ」 自分だけの写真集やカレンダーを作成

20101226_endema_1

 

電通」は、タレントやキャラクター、スポーツ選手などの画像を、ユーザーが自由に選択し、オリジナル・グッズを作成できるインターネットサービス「endema(エンデマ)」を始めました。

エンデマの使い方

無料の会員登録をして、約3000枚ある画像の中から好きな写真を選びます。

 

次に、フォトブックや写真集など作るものを決めて、選んだ写真を配置していきます。

 

最後に、購入手続きを行い、約1週間で手元に届くようになっています。

 

エンデマで使える画像

20101226_endema_2

 

今のところ、使えるコンテンツ画像は、アイドルでは「AKB48」、スポーツ選手だと「高橋大輔」、キャラクターなら「ドコモダケ」や、「豆しば」などが用意されています。今後、順次画像を増やしていくそうです。

 

エンデマで作れるアイテム

20101226_endema_3

 

作れるアイテムは、

  • フォトブック
  • ノート
  • メモ帳
  • 壁掛けカレンダー
  • 卓上カレンダー
  • ポスター、
  • ポストカード

となっています。こちらも、今後、Tシャツやマグカップ、デジタルフォトフレーム向けのデジタル配信などの追加を考えているようです。

 


 

アイドルのカレンダーとか、自分で配置を決めて、世界にひとつだけのオリジナルグッズを作れるから、ファンにとっては嬉しいかも。ただ、コンテンツ画像が少なく、AKB48に頼っているところが大きい気がする。もっと、サッカー選手とか色々増やしてほしいなー。