スマートフォンには、インターネットを見るためのソフトが沢山存在していますが、また一つ新しい特長を持った閲覧ソフトが生まれました。

【参考】 iPhone、iPod touch、iPadで使えるフルブラウザアプリ集

 

NetSTAR & Yahoo! Japan

20101217_netstar_1

大手検索サイト「Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)」は、有害サイトの閲覧を制限するフィルタリング技術開発の「NetSTAR(ネットスター)」と共同で、企業向けに閲覧制限機能を備えたインターネット閲覧ソフト(ブラウザー)「NetSTARビジネスブラウザ」を開発しました。

NetSTARビジネスブラウザ

ネットスターが提供するフィルタリング用のURLリストや、採用企業の管理部門による指定に応じて、社員は一定のサイトを就業中に閲覧できない仕組みになっています。

 

20101217_netstar_2

ログイン画面(左)と、アクセス状況の管理画面(右)

 

業務に不要なアクセスを禁じて社員の勤怠を管理できるほか、有害サイトへの接続によるウイルス感染を防げる効果が見込めます。

 

20101217_netstar_3

ウェブ閲覧中の画面(左)、ブロック時の表示画面(右)

 

そのほかの特長を挙げておきます。

  • 外出時や帰宅後も社内と同様のウェブアクセスが可能
  • Wi-Fi接続、3G接続の利用時もセキュリティレベルを維持できる
  • アクセスログをもとに、全社の利用傾向の把握やインシデントの予兆検知が可能

また、本ブラウザーを搭載する際は、「Safari(サファリ)」や「iTunes(アイチューンズ)」のインストール機能を無効にして、さらにセキュリティを高めます。

 

既に、iPad版が12月15日に発売されていて、iPhone版は2011年1月中に発売予定です。

 

ダウンロード: ビジネスブラウザ for iPad