20101130_celiocorp_1

 

なんでもできる万能端末となりつつあるスマートフォン。その用途をさらに広げる技術の紹介。

 

セリオコープ 「レッドフライ」

アメリカのITベンチャー「Celio Corp(セリオコープ)」は、スマートフォン(iPhoneを含む高機能携帯電話)の画面を、テレビなどのAV機器で拡大して見れる技術を開発しました。

 

「レッドフライ」と呼ばれるこの技術は、AV機器への画面転送時に、画像を最適なサイズに圧縮したり、絵や文字をくっきり表示するように補正したりしています。また、画面データの転送には、近距離無線通信規格のひとつである「Bluetooth(ブルートゥース)」を採用しています。

 

セリオコープ社は、今後日本の電機メーカーや車載機器メーカーと協力して、テレビやプロジェクター、車載機器への搭載を目指すそうです。

 

2010年12月9日から、下記イベントが開催されるので進展が発表されるかもです。

Verizon Wireless Central Texas Mobility Summit 2010

 


 

スマートフォンでなんでもできる時代に突入して、今度はパーソナルユースからファミリーユースへと変貌を遂げるために、まずはみんなで感動を共有できる環境作りをしていこうという戦略っぽい。あっ、プロジェクターにも転送できるからビジネスユースとしても活躍していくのか~。

 

とりあえず、iPhoneのカーナビソフトも必要十分なくらい便利になったし、その画面を車載機器に簡単に表示できるようになったら本家カーナビは淘汰されていくだろうな~(高いし)。

参考:iPhoneカーナビアプリまとめ