すごく爽やかな曲なんだけど、歌詞を聞いてみると実はとても深みがある、みんなに受け入れてもらえそうな新鋭アーティストの紹介!

世界の終わり

20101127_sekainoowari_1

世界の終わり」、これがバンド名なんですね。最初は曲名かと思いましたw。11月3日に発売されたシングル「天使と悪魔/ファンタジー」は、ドラマ「霊能力者 小田桐響子の嘘」の主題歌なので、ご存知の方も多いと思います。

 

バンドメンバーは、深瀬 慧(Vo)、藤崎彩織(Pf)、中島真一(Gt / Sound Produce)、LOVE(DJ)の4人で、ベーシスト&ドラマーレスのロックバンドになります。2010年4月にデビューアルバム「EARTH」をリリースして注目を集め、フェスイベントでも結構見かけるようになりました。

 

メロディーライン、声質ともに「RADWIMPS」に似てます。すこし小沢健二も混ざってる気がw。とりあえず一曲聞いてみたら、心をそっと優しく掴まれてた、そんな天性の歌声ですね。メロディーもそうですが、歌詞も凄いです。

 

例えば、アルバム「EARTH」の曲名を見ると、「幻の命」、「虹色の戦争」、「青い太陽」、「死の魔法」、「世界平和」、と続きますが、歌詞の方もタイトル負けしない重厚感や深さがあります。これは、ボーカルの深瀬さんのバックグラウンドが影響していてブログの中では伝えきれません。

 

興味が有る方は、タワーレコードのインタビュー記事を読んでみてください。バンド名の由来も分かります。同時に彼らの強さを感じられると思います。ロックバンドなのに意図して感情を抑えた歌声にしている理由とかも。

リンク先:http://tower.jp/article/interview/4318

 

シングル曲を聞いてみて良いな~と思った方は、ぜひアルバムの方も聞いてみてください。オススメです!ちなみに、シングルのジャケットに一人ピエロが写ってますが、彼はDJですw。

ファンタジー/天使と悪魔
20101127_sekainoowari_2
EARTH
20101127_sekainoowari_3