あるパソコンA(ex. 自宅)から、別のパソコンB(ex. 実家)を簡単に操作することができるソフトを紹介します。このソフトを使えば、実家のパソコンにソフトをインストールしてあげたり、写真や動画を転送してフォルダに入れてあげたりといった事が簡単にできるようになります。

 

なんだか難しそうですが、

無料で、5分以内に、初心者でも全く困らずに実現』できてしまいます!

TeamViewer チームビューワー

20101115_teamviewer_1

 

使うのは、「TeamViewer(チームビューワー)」というデスクトップを共有するためのソフトです。似たようなソフトは数多くありますが、操作性(使い方が簡単)、頑健性(セキュリティも万全)、機能性(なんでも出来る)、すべての面でパーフェクトなフリーソフト(無料)です。

 

パソコン環境についても条件が無く、あらゆる状況下で使えます。例えば、使用するパソコンは、Windows、Mac、Linuxでも問題ありませんし、iPhoneも接続出来ます。また、通信回線が遅くても(ナローバンド環境)問題なく、ストレスを感じずに使うことができます。

つかいかた

操作するパソコンの設定を行う

ファイルをダウンロードして実行

TeamViewer_Setup_ja.exe(Windows版)

※Windows以外の方はコチラから「オールインワン:TeamViewerフルバージョン」を選択。

 

「実行」を選択して、「次へ」をクリック

20101115_teamviewer_2

 

「このライセンス契約書に同意します」をチェックして、「次へ」をクリック

20101115_teamviewer_3

 

右側の「セッションの作成」の「ID」欄に操作されるパソコンのIDを入力

「リモートサポート」を選択して、「パートナーに接続」をクリック

20101115_teamviewer_4

 

「パスワード」欄に操作されるパソコンのパスワードを入力して、「ログオン」をクリック

20101115_teamviewer_5

 

操作されるパソコンの設定を行う

ファイルをダウンロードして実行

TeamViewerQS.exe(Windows版)

※Windows以外の方はコチラから「TeamViewer QuickSupport(顧客向けモジュール)」を選択。

 

表示された「ID」と「パスワード」を操作する人へ連絡

20101115_teamviewer_6

 

おわりに

どうでしょうか、とても簡単に別のパソコンの画面を表示することが出来たと思います。ソフトを終了する際に表示されるのは、企業コマーシャルです。無料のソフトですので、最後だけ我慢しましょう。右上の×印をクリックすれば一瞬で消せますし。

 

最後に、PC中級者以上の方に向けて、このソフトが持つ色んな機能を紹介します。といっても、接続後の画面上部にメニューが表示されているので気付かれていると思いますが、念のため。

 

その他の機能

チャット

テキストだけでなく、音声チャット(VoIP)や、動画を送ることも出来ます。

 

ファイル転送

FTP接続のような画面が立ち上がって、ローカルマシン(接続しているPC)と、リモートマシン(接続されているPC)のファイル一覧が表示されます。フォルダ指定の転送もOKです。

 

操作役の交代

「操作」で「パートナーと役割を交代」を選ぶと、操作する側と操作される側が入れ替わります。

 

モニターの切り替え

マルチモニタ環境で、「表示」で「有効なモニター」を選ぶと、他のディスプレイの画面を表示することが出来ます。

 

操作の録画

「その他」、「レコード」で「起動」を選ぶと、画面キャプチャが開始します。終わるときは、「停止」を選んでください。TVSファイルとして保存することが出来ます。

 

iPhoneとの連携

iPhone4から3G回線を使っても気持ち悪いくらい快適に操作できました。ソフトはコチラ(iPhone版)から。動作未確認ですが、iPad版もあります。まとめサイト「iPhone、iPod touch、iPadで使えるPC遠隔操作ソフト」も併せてどうぞ。

 

以上です。お疲れ様でした。

FC2ノウハウ