20101104_ndl_1

国立国会図書館は、「文字・活字文化の日」である10月27日から、

「NDL新着図書情報」サービスの提供を開始しました。

(NDLは、National Diet Libraryの頭文字です。)

 

これは、国内刊行図書のタイトル・著者・出版者等の情報を、

テキストファイルとしてダウンロードすることができるサービスです。

タブ区切り形式(TSV)なので、Excelファイルに簡単に取り込めます。

 

正式にサービスインされた10月27日以降のデータを見ると、

1日平均400冊くらいのペースで蔵書が増えていってますね。

単純計算で、年15万冊くらいかな。

 

ちなみに、平成21年度版の国立国会図書館年報では、3500万冊でした。

(図書館資料受入・所蔵統計 PDFファイル を参照しました。)

 

ついでに、アメリカの国立図書館も調べてみました。蔵書数はなんと、

1億5000万冊!

さすがですね~、でも日本も十分頑張ってると思います。

 

おまけで、Google Chart API ( GeoMap ) を利用して世界の国立図書館の蔵書数を表示してみました。