kairospharma_2

10月20日から新「お茶大グッズ」(寄付付き商品)販売を開始!

 

カイロスファーマ株式会社」は、モルヒネに劣らない高い鎮痛効果を持ち

新型鎮静剤に使える物質「2ccPA」と呼ばれる物質を発見したと発表しました。

 

嘔吐、幻覚、依存性などの副作用がなく、安全性が高いといった特長を持っていて

経口投与(飲み薬)においても、良好な鎮痛効果が確認されたそうです。

 

副作用のない画期的な鎮痛剤として、その有効性が非常に期待されていて

今後は、痛みに関連する疾病領域への適用を視野に入れています。

 

実は、この「カイロスファーマ株式会社」は、科学技術振興機構の協力のもと

2010年1月に設立された「お茶の水女子大学」発ベンチャーの第1号になります。

 

kairospharma_1

 

現在は、臨床試験をめざして、開発パートナーの探索を開始した段階ですが

これからの研究、そして企業としての動向が気になりますね♪