Photoshopの自動補正機能は大きく分けて3つあります。

名称だけでは、その機能の効果がイマイチ良く分かりません。

今回は、実際に画像を見比べながら、それぞれの使い方を見ていきましょう。

 

元の画像

photoshop_autolevel_1

 

比較画像が、趣味のサッカー画像で申し訳ないですw

 

基本は、「自動トーン補正」

photoshop_autolevel_2

 

全体の色とコントラストの両方を補正します。

白黒はっきりとした色調に修整されます。

 

色は変えない、「自動コントラスト」

photoshop_autolevel_3

 

色を変えずにコントラストだけを補正してメリハリを出せます。

「自動トーン補正」と比べて、芝やユニフォームの色味が

元画像から変わってないことが分かると思います。

 

明るさは変えない、「自動カラー補正」

photoshop_autolevel_4

 

明るさを変えずに色の偏りを取り除くことができます。

ただ、彩度が高くなった分、ちょっと暗めになったようにも見えますね。

 

オートホワイトバランスが失敗した時など、色が赤かぶりしたときは

この機能ですぐに修整することができます。

 

自動補正機能で満足できなければ

「イメージ」→「色調補正」→「トーンカーブ」などで

ひたすら手動補正あるのみですw