選択範囲の決め方を中心に書いていこうと思います。

 

「Adobe Photoshop CS4」 Windows版のコマンドになります。

 

代表的なツールへの遷移コマンド

作業の効率化を図るために、覚えておいて損はありません。

photoshop_2

 

ズームツール選択時のショートカット

上のコマンドと組み合わせると便利ですね。

 

もちろん、ナビゲータパレットを使っても構いません。

 

photoshop_1

 

・ズームイン

 Ctrlクリック

・ズームアウト

 Ctrl+Altクリック

・手のひらツール

 Spaceドラッグ

 

簡単に画像を画面サイズに合わせる方法

手のひらツールをダブルクリックするだけ。

 

切り抜きツールで縦横比を維持する方法

一度全体を切り抜き範囲に指定してから

Shiftキーを押しながらドラッグするだけ。

 

特定の比率で切り抜く方法

長方形選択ツールを選択して、

「ぼかし」を0px、スタイルを「縦横比を固定」にして

例えば、16:9なら、幅に16、高さに9を設定する。

この状態で範囲選択すると、指定した比率になっています。

 

ぼかしに数値が入っていると、選択範囲よりも

広い範囲が切り抜かれるので注意してください。

 

傾いた写真の修整方法

「フィルタ」→「変形」→「レンズ補正」 角度補正ツールを選択する。

photoshop_3

画像中の水平にしたい部分にあわせて

ドラッグすることで自動的に修整されます。

 

角度を調整し直したい場合は、

Altを押すと、右上のキャンセルボタンが

初期化ボタンに変わるのでクリック。

 

そのままだと、余白が出来ているので

「拡大・縮小」で余白が消えるまで拡大します。

 

背景色や端の画素色を拡張することもできます。

 

photoshop_4

 

取り消し、やり直し方法

・取り消し(もう一度実行すると、やり直し)

 CtrlZ

 

次々に取り消す、やり直す方法

・1段階取り消す

 AltCtrlZ

・1段階やり直す

 ShiftCtrlZ

 

取り消せる回数は、

「編集」→「環境設定」→「パフォーマンス」

「ヒストリー数」で設定できます。

 

現在の状態をストックする方法

少し手前の工程へ戻り、他の修整作業を試してみたいときに

スナップショットを使うと便利です。

 

ヒストリーパレット右下の

新規スナップショットを作成をクリック。


photoshop_5

 

作業を自動化をする方法

複数の画像に同じような作業を実施したいときに便利な技です。

 

アクションパレットを表示して、

新規アクションを作成ボタンをクリック。

 

・アクションパレットの表示(非表示)

 AltF

 

一通り操作をした後で、

記録を中止ボタンを押したら出来上がり。

 

次からは選択項目を再生ボタンで

同様の処理が自動で実行されます。

 

選択範囲ツールを使い分ける方法

決まった形を選択したいとき

 長方形選択ツール 楕円形選択ツール 多角形選択ツール

 

自由に選択範囲を決めたいとき

 なげなわツール

 

対象物を簡単に選択したいとき

 マグネット選択、クイック選択ツール

 

同じ色の部分を選択したいとき

 自動選択ツール

 

隣接にチェックを入れると、

同じ色でも離れた場所は選択されなくなります。

 

対象物を詳細に選択したいとき

 クイックマスクモード

 

クイックマスクモードの使い方

ブラシで描画してマスクを作る機能のことです。

複雑な選択範囲を作るときに利用されます。

 

マスクとは、編集されない部分のことを指します。


 

クイックマスクモードで編集をクリック。

photoshop_6

 

描画色を「黒」に設定して、選択範囲にしたい部分を

ブラシツールで色を塗ります。(赤い色になります。)

 

はみ出てしまった場合には、

描画色を「白」に設定して塗ってください。

 

終了したら、先程のクイックマスクモードで編集をクリック。

 

このときは、画像描画モードで編集という

名前に変わってます。

 

最後に、「選択範囲」→「選択範囲を反転」で完了!

 

・ブラシの拡大・縮小

 [ ]

 

 

選択範囲を中心から決める方法

選択ツールで、Altを押しながらドラッグするだけ。

 

円を描くときに最初に中心が決まっていて、

それにあわせて描画したい場合などに使えます。

 

マグネット選択ツールで途中でやり直す方法

選択するポイントが間違ってしまった場合には、

Deleteで直前のポイントを削除することができます。

 

・選択範囲の解除

 CtrlD

 

選択範囲を保存する方法

選択されている状態で、

「選択範囲」→「選択範囲を保存」

 

そうすると、チャンネルパレットに設定が保存されます。

 

・保存された選択範囲の読み込み

 「選択範囲」→「選択範囲の読み込み」

 または、

 「チャンネル」→選択範囲をCtrlクリック

 

以上、選択範囲のまとめでした。