ファイル・フォルダ容量を視覚化するソフトの導入メモ。

管理人のオススメ順に紹介してみます。

 

FreeDiskAnalyzer

【機能】

1.サイズの大きいフォルダ順(ファイル順も可)に表示

2.フォルダ内のファイルの平均サイズや、ファイル数を表示

3.HDD内に占める割合を表示

 

【特徴】

1.2ペイン構造

2.右クリックメニューはエクスプローラと同じ

 

drive_analyzer

 

【 機能 】
1.ドライブのサイズや空き容量の一覧

2.フォルダのランキング

3.フォルダの容量と占有率の視覚化

4.容量のシミュレーション

5.ネットワークドライブの接続と切断

6.HTML/CSV形式でのエクスポート

 

【 特徴 】
1.計測を高速に行うために結果をキャッシュしている。

2.占有量を正しく計測するためにクラスタサイズの取得や圧縮ファイル/スパースファイルに対応している。

3.ディスク管理などに活用するために結果をハイパーリンク付きのHTML形式でエクスポートできる。

 

DiskInfo

 

【機能】

1.フォルダ毎の「サイズランキング」、「拡張子別サイズ」、「過去の解析結果との比較」、「Excel保存」など。

 

【特徴】

1.3ペイン構成。左ペインにツリー構造、右上ペインに選択したフォルダ内のフォルダ、右下ペインに選択したフォルダ内のファイルを表示。

2.表示項目は、「ファイル名」、「容量(棒グラフ)」、「占有率(%表示)」、「サイズ」、「ディスク上のサイズ」、「ファイル数」、「全ファイル数」、「フォルダ数」、「全フォルダ数」、「更新日時」。

 

jdisk_report

【機能】

1.HDDの中で最も容量の大きいフォルダがどれか一目で分かる

2.ファイルサイズの分布を表示(小さいサイズのファイルが多いとか)

3.最近更新されてないファイルがどれくらいあるか分かる

4.ファイル形式ごとの容量表示

5.容量の大きいファイルをランキング表示

 

【特徴】

1.グラフが見やすい

2.JAVAなので若干動作がもたつく

 

foldersizeforwindows

【機能】

1.各フォルダのサイズが一目で分かる

 

【特徴】

1.エクスプローラに統合される

ridnacs

【機能】

1.大きな容量を占めているフォルダ順に表示(ファイル順は無理)

2.ファイルも同時に表示

 

【特徴】

1.シンプルで見やすい