もやしもん好きなら、きっと心惹かれるであろうこのタイトル(笑)

最近は、こういうミクロ系にも興味が湧いてきてます。やっぱり、小さい宇宙とかって言われるとロマンを感じますからね。

電子機器の技術が発達し、小さいモノを見れるようになった今だからこそ、新しい発見が次々に起こってくるんじゃないかと期待している分野でもあります。

米国カリフォルニア工科大学の研究グループは、パン酵母の遺伝子を組み換えて、抗生物質や鎮静物質を大量生産する技術を開発した。

引用元:日経産業新聞 2008/08/21付

遺伝子組み換えって聞くと何となく抵抗があるけど、現代の錬金術だと考えて必要なモノを作れる技術として発展していってほしいなと思う。そのうち、薬はこんな感じで作られていくのが主流になっていくんだろうなぁ。